ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

出し

厚めからのリカバー

今回は定番のリカバーの話をします。リカバーというとポジションミスしたときにどうやって立て直すかですね。よく見かけるTHE定番のバタバタですね。このくらいの振りが入れも出しも不安がなくてちょうどいいですが、厚くなりすぎた場合。こんな感じです。点…

芯撞き2

つづきです、今回は芯撞きからの出しに焦点を当てていきます。5番はサイドでしょうね、どうやって出すかが問題です。上でコロコロと出す。良くないですね、どこまでいっても撞き辛いため、そこからの出しが辛いです。それに土手から離れるくらい手球を走らせ…

近いと狭い

今回はゾーンについて少し詳しく説明していきます。ゾーンって何ぞやと思った方はこちらを参照してください。ライン出しとゾーン - ハードブレイクとビリヤードとこの配置で9番のゾーンはだいたいこの三角形くらいでしょう。ここからの出し方はバタバタか切…

手球に逆らわない

以前にクッションに逆らわない、という題で記事を書きました。クッションに逆らわない - ハードブレイクとビリヤードとプレイの安定感のためには無理をしないことが大事です。無理なハードショット、無理なソフトショット、過大なひねり、ロングドローなんか…

基本のひねり4

これで基本のひねりシリーズは終わりです。最後にトビとカーブの度合いのことをを書いて終わりにします。図の1.2.3はそれぞれ力加減が強い、普通、弱いときで、点線はひねらなかったときのラインです。1の力加減が強いとき。トビは大きく、カーブはほとんど…

基本のひねり3

前回まででひねりの効果と使う場面の基本的な事の説明をしました。今回はひねりのリスクを説明していきます。ひねりの1番のリスクとしてトビとカーブがあります。センターショットですが左を撞いてみるとだいたいこんな感じになります。左右を撞くことで反対…

基本のひねり2

前回はひねりはどんな場面で使うのかということの説明をしました。ひねりは使い慣れるまでいまいちよくわからないものなのでおさらいをします。まずは手球を無理なく走らせるためのひねりです。例としてこんな配置です。押しだけだとネキに近付けるのが難し…

基本のひねり1

ある程度上達してくるとひねりを当たり前のものとして使うようになってきます。そこでこれからひねりを覚えようと考える人向けにひねりの効用と使い所、リメリット・デメリットの説明をしていきます。ではまずひねりをどのような場面で使うかです。まずはこ…

芯撞き1

初心者の頃は真ん中を撞いていたのに上手くなるにつれて真ん中を撞かなくなってきます。それより上のレベルにいくと再び真ん中を撞き始めます。今回は真ん中を撞く、芯撞きの話です。手球の厚いところを撞くのって大事ですよ。以前にベクトルの話でこんな図…

簡単なセーフティ

今回は定番&簡単なセーフティの練習をしていきましょう。C級くらいだとセーフティなんてまだ早いとか思う人もいますがそんなことないですよ。確実性の高いことをしていくのが大事です。けれどもそればかりだとプレイの引き出しも減ってしまうし、攻め気もな…

ひっかけ

今回はひっかけの説明をします。以前もしたんですけど例のごとくちょっとてきとーな説明だったのでもう少し掘り下げます。こんな配置で右上に入れるとします、薄いのでなかなかシビアですがひっかけを使うとそんなにシビアな球ではないんです。厚み通りに入…

特殊系

知っていればどうにかなる…かもしれない系の球です。キュー切れが必要なのがいくつかいますがまあ、知ってるか知らないかの差は大きいですよ。コースが全くないです、どーやって出しましょうか?セーフティしても良いですが今回はカッコつけた出しをやってみ…

テケテケ

知らないとできない特殊ショットシリーズその2、テケテケです。怪談の足がないあれではありませんよ。こんな困った場面でテケテケを使います。こんな具合ですねテケテケでキャノンです、この場合は撞点は右上でしょうか?入れる厚みによって変わってくるので…

初歩的ポジション練習1

簡単なポジション練習をしていきましょう。対象SLは2〜4ですが、5.6くらいだと普通にミスするのでやってみても良いでしょう。まずはクッションに入れない出しの練習です。点線の枠内でフリーボールです。8等分した枠内にポジションする練習です。押しノーク…

ポジションプレイの基礎5

今回でポジションプレイの基礎はひとまず終わりです。ここまでのことが実践できて、ぼちぼち球が入ればSL4くらいにはなれるでしょう。今回はポジションがいまいちわからないであろうクッション際の球のことを考えていきます。例えばこの配置で押し球をしたら…

ポジションプレイの基礎4

これまでのポジションプレイのおさらいをします。まずは基本的に次の球に近づける。けれども近くても入れにくいと困るので、ゾーンに入るようにネキストに近づける。手球がクッションに入ったとき、とりあえずは入射角=反射角だと思ってポジションを考える。…

ポジションプレイの基礎3

前回はネキストを入れやすくするためのポジションの考え方を書きました。ここからはクッションに入ったときの動きを考えていきましょう。このように手球がクッションに入ったとき、クッションからどのように手球が出てくるか考えてください。…だいたいの正解…

ポジションプレイの基礎2

まずは前回のおさらいをしましょうか。基本的に次の球に近づける。と言うことでしたね。けれども近づければ良いってものではなく、ネキストを入れやすい位置に手球を運ばなければなりません。ではネキストを入れやすい位置とはどこでしょうか?この図で9番を…

ポジションプレイの基礎1

ビリヤードは入れないと話にならないですが、入れたとしても次が難しいと連続して球を入れることはなかなかできないでしょう。そこで次の球を入れやすい位置に手球を運ぶポジションプレイが必要となってきます。ここではそれの基礎を固めていきましょう。ま…

精度を高める

A級を意識し始めたB級、ないし下位A級が精度を上げないといけない部分が今回のメインです。練習配置です、レベルに合わせて狙いの許容範囲を増減させましょう。かなりシビアです、ゲーム中にここまで求めはしませんがあくまで練習なのできつめに設定してます…

出来ないことをやらない

色んな人のプレイを眺めていて「それはないだろ…」みたいなことは日常茶飯事ですが、そんなことよりも出来ないことをやるのはどうかと思います。例えばこんな配置です、ちょっと遠いですが出しの構想は浮かびますね?順下ワンクッションないしツークッション…

コンビ3

前回は後球のことを少しだけ触れました。今回はもっとディープにいきます。早速ですがこの配置で手球位置はどちらが良いですか?イレイチ気味でいくと、景色的には点線の方が入れやすそうですが残り球はあまり良くないですね。実線の方が入れば無理なく次に…

コンビ2

コンビの話の続きです。今回はコンビの後球を主に考えていきます。コンビを成功させても第一的球が明後日な位置にいたら困りますからね。さてこんなコンビです。入れるのは難しくない…ですよね?けれどもこんな事故を起こしてしまうことは誰しもあるはずです…

押し殺し

初心の頃によくあるミスで押し殺しというものがあります。こんな配置でワンクッションで出すのと同じように、こんな配置でこんなラインで出そうとします。厚めから入れてしまうと難しいです。出すとしたらこうでしょうね。強めに撞いてしまうとこのようなラ…

死なないS字

妙な推理小説のタイトルみたいですがそんなつもりはありませんよ。こういう出しをS字とか言ったり言わなかったりしますね(この場合逆S字だけど…)、スリークッション目でひねりが死ぬ方向なのでしっかり撞いてもロングになってしまうことはそうそうありません…

クッションに逆らわない

転がす加減と撞点で撞いたときのワンクッション目の位置が図のようであったとします。そこから実線なら順ひねり、点線なら逆ひねりのコースです。どちらがよいでしょうか?ここでは順ひねりは手球の進もうとする方向なので手球のスピードが比較的死にやすい…

ダブルレール2

またまたダブルレールです。こんなのがダブルレールでしたね。とりあえずおさらいしましょうか。まとめワンクッション目をコーナー近くのワンポイント辺りに落とす。逆は多め、少ないとスリークッション目が入らない。クッションに深く入ると失敗しやすい。…

穴前の球1

入れは簡単な穴前の球ですが、なめてると手球は明後日の方向にいってしまいます。たとえばこの配置でこんな出し方をするとします、多少の違いは出るでしょうが撞点と力加減が合っていれば手球のコースを大きく間違えることはないですね。ところが穴前だと撞…

ドリル3

これまではどこかで誰かが考案したドリルでしたが、今回は僕が思いついて一時期やっていたドリルです。まあ、似たようなことは以前にも誰かがやっていたのかもしれないですけどね。2球取り切り、ではなく14球取り切りです。エイトボールと同じでローボール(…

賭け球

賭け球は賛否両論ですが、そんなことはどうでもよいです。ちなみに僕は誘われたらよほどの理由がない限り乗りますが自分から誘うことはほぼありません。賭けないと強くならない云々みたいなことを言う上級者はどうでもよいのでほっておきましょう。さて、何…

ダブルレール1

ダブルレールについて。派手な動きなので一見魅せ球のような気がするけどそんなことはありません。こんなの風に同じクッションに2回落ちるのがダブルレールです。ダブルレールになる条件を考えましょう。基本として、撞点は逆です。逆を入れてもスリークッシ…

無理をしない

ビリヤードで大事なのは成功率の把握だと思っています。入れの成功率と出しの成功率を天秤にかけてやらないといけません。入れの成功率が100%でも出しが20点くらいなものと、入れの成功率が80%で出しが60点なら一概には言えませんが後者のほうが良さそうです…

ドリル2

番号順取り切り。対象SL5〜。手球フリーで開始。基本はこんなライン、力加減としてはセンターをやや越えるくらいが序盤はちょうど良く、後半はセンターを超えないくらいがちょうど良いでしょう。基本はこのように順下で取り切りましょう。SL8以上はひねらな…

穴振り

ポジションミスで真っ直ぐになってしまったときに穴振りってものをよく使います。ポケットは大体球2個分くらいの大きさがあるのでこれを利用してポケットの右寄りや左寄りに入れて手球を動かすことを穴振りと言います。一見どうしようもない配置ですが、穴振…

2球取り切りpart6

2球取り切りです。今回もこの配置から考えられる出しを出来るだけ多く考えてください。順振りか逆振りか、厚めか薄めかそれぞれのパターンを考えましょう。…1.薄め順振り長長バタバタ。撞点は上、サイドスクラッチを躱すために順をいれることもある。若干遠…

クッションに対するひねり2

つづきです。前回に引き続きクッションに対するひねりについてつらつらと書いていきます。さて、この配置で引きで長クッションに垂直に落とした場合どうなるでしょうか?…こうなります、垂直にクッションに落ちたなら垂直に返ってくると思ったあなたは甘いで…

クッションに対するひねり1

今回はクッションに対するひねりに対して焦点を当てていきます。ポケットビリヤードにおいては的球に当たった後に手球が走る方向のひねりが順ひねりでその逆が逆ひねりでしたね。例えばこの図では手球が右方向に走るので右ひねり=順ひねりです。ポケットビ…

難球(修正済み)

今回は実戦でよく見かける球について話します。相手が9番を外してこんな球が回ってきました、どうしますか?攻めるとしたら…1.サイドバンク2.カットどっちも確率が低い選択な上に外したときの守りが弱いです。守るとしたら、短短に離すセーフティ。アンドセ…

クッションを使う

今回の記事ですが、B級くらいの人は気にするとステップアップできるかもしれません。さて、まずはこの配置です。わりとなんでもない配置ですが、なんとなく取り切るのではなくしっかり考えていきましょう。基本的にこの配置は順引きで出します、ここで大事な…

バタバタの加減

練習配置です。実線が重なると見にくいので重ならないように図を作ってあります。今回はバタバタの力加減です。対象SL4〜撞点上。左の長クッションの近く、中間、右の長クッション近くにそれぞれポジションできるようにする。以下SLごとのポジションの目安。…

転がす練習

毎度毎度転がす球が大事って言ってますが今回もそれです。では今回の配置をフリーボール。対象SL3〜目標の的球に当てる練習です、クッションに先に当たってしまうのはNG。撞点は上、バンキング程度の力加減。簡単に見えますがC級からB級くらいだと余裕で外し…

当て出し2

つづきです。どうしても他の球に当たってしまって手球の動きがわからないから我慢することは誰しもすると思いますが、知ってれば簡単な球でしたら知ってれば良いだけの話ですね。この配置なんかまさにそれですね、9番に厚めに引きで当てれば当て引き、2段引…

当て出し

トラブルがあったり、取り切りの序盤ではどうしてもポジションする過程で他の球に当たってしまうことがあると思います。例えばこの配置はどうでしょうか?5番を入れるのは簡単ですが9番にどうしても当たってしまいます。そこであえて当ててポジションします…

悩ましい配置

次の配置を見てください。まあ、困った場面ですね。どうしたら良いでしょうか。空クッションからサイドへシュート空振りしたら終了ですね、けれども入れを狙うならこれが一番無難かもしれないです。コーナーバンクこんなバンクが入ったら苦労しないですね、…

2球取り切りpart5

いつまで続くかわからない2球取り切りです。今回の配置はこれです。今までと同じように考えられるだけ出しを考えてください。…1.薄め順振り実線長長バタバタ。撞点は基本的に上。スクラッチを躱したりするために順とか逆で調整してみる。常識的な出しなので…

厚めか薄めか

厚い9番と薄い9番のどちらを撞きたいかと問われたら厚い9番ですよね。けれども厚い8番と薄い8番どちらを撞きたいかと問われたら、状況によって変わるので一概には言えませんね。今回は出しの話をします。点線でも実線でもポジションとしてはどちらでも良いで…

同じようなライン

少しだけ難しい話をします。SL8以上は意識してほしいです。こんな配置、実線の四角形のあたりにポジションしたいですね。順下でツークッションが普通ですね。ではこのライン上に邪魔球があったらどうしますか?こうです。撞点はほぼ順だけです。的球に当たっ…

自信

こんな配置上を撞くだけで出ます。けれどもサイドスクラッチを恐れて右を切ってしまうと、こんな遠い球になります。基準を作ることが大事で、その基準ってのはひねらないノーのラインです。色んな厚みで撞いてどんなラインを描くのか知ることで上達していき…

入れ続ける

初心者は普段あまり球が入らない分入ったときは喜ばしいものです、続けて入れられたときはなおさら喜ばしいですね。そんなわけで今回は入れ続ける練習です。対象はビギナーからC級です。入れ続けるには当然出しを考える必要があります。出しの基本を軽くまと…

我慢

入れと出しのバランスをとりましょう。入れが難しい球で難しい出しをしようとすると失敗するのが目に見えています。次の球がある程度遠くなったり薄くなったりしても許容範囲ならばそのように我慢することも大事です。この配置を考えましょう。たまに見かけ…