読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す

ストローク
初心者から上級者まで永遠の課題。

さて、そもそも真っ直ぐの定義があやふやですね。
別に真っ直ぐ振れていなくてもインパクトだけ合っていればいいよ、って人もいますがそういうのは置いておきましょう。

上下左右に限り無く真っ直ぐ振る。

左右にブレるのは当然ダメですが、上下を気にしていない人が多いです。

上下にぶれないというのは初めに構えたキューレベル(キューの傾き)を維持することです。

さて、そこでグリップが問題になってきます。

まず、5本の指全部でしっかりとキューを握ってストロークしてみましょう。
小指、薬指、中指の順で負荷がかかりどうしてもキュー尻が上がってしまいますね。

では負荷がかからないように人差し指と親指だけでキューを握ってストロークしてみましょう。

上下のブレがかなり減ったと思います。

けれども不安定ですよね、速くキューを振ったらキューが飛んでいきそうですね。

では安定感を求めるためにどうするか。
  • キュー尻が上がってしまう位置まででストロークをやめる。
  • 手首を柔らかく使ってキュー尻が上がらないようにする。
  • テイクバックに合わせてグリップを緩めていく。
  • テイクバック〜フォロースルーにかけて支点となる指をシフトさせていく。

グリップがわかりやすい人で言うと上からパグラヤン、ジャスミンオーシャン、カーピンイー、蔵ノ前元プロ

今は良い時代でYouTubeなんてものがあります。
色んな人のストロークを眺めるだけでも勉強になりますよ。