読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

指導考3

教え方 フォーム
キューの通り道ができたところで上体の形を作っていきましょう。

大事なのは正面から見たときに右肩が見えないことです。
f:id:over40kmph:20140403213729j:plain


我流でフォームを作ってきた人の中には右肩が落ちて手首が極度な内巻きになっている人もいくらかはいます。
f:id:over40kmph:20140403210819j:plain

右肩をあげることを意識するとキューが身体の外側に出てしまいがちなので気をつけましょう。


ここで右肩だけでなく右胸を上げて、右肘を頭の上に持ってくる事と、右肩を上げるために左肩を下げる事とを意識するとフォームがきれいになりやすいです。

右肘から右肩を通り頭、ブリッジまでが一直線になると右側から見たときにきれいな直角三角形になります。
f:id:over40kmph:20140403211022j:plain
肩が落ちているといびつな四角形になってしまいます。
f:id:over40kmph:20140403213816j:plain

写真のスタンスに関しては次の記事で詳しく書きます。

この肩を上げるというのが難関で、慣れない身体の動きで疲れてしまいますが、慣れれば気にならなくなります。


つづく