読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

指の使い方

グリップはみなさんどのようにしていますか?

大別すると
人差し指中指支点、中指薬指支点、薬指小指支点、全指、が一般的だと思います。

ここではとりあえずグリップは軽めに握ってみてください。
いわゆる卵を握るくらいです。
小指と薬指の下あたりの手のひらはあまりキューに接しないようにしてください。

普段通り構え、キューをぐっと握り込んで下さい。
自然とキューが前に出ます。

このときフィニッシュでは手のひら全体でキューを包んだ形になります。

初めは軽く、最後はしっかりグリップして握り込む。

しっかりといってもギチギチに握る必要はありませんしスピードロスの原因にもなります。

例えばボクサーはインパクトの瞬間に拳を握り込みます。そうでないと腕の筋肉が硬直しスピードが殺されるからです。

刀の振り方もそうですね、真剣で切るためには握り込みは必須です。ただ振るだけでは何も切れません、叩き潰してるだけです。

話は戻りますが、
手のひらがキューに当たるように軽く握り込むことが大事です。

今説明したのは本当にささやかな握り込みです。

もっと極端な例を上げるとすると、僕なんかはブレイクのときにテイクバックでは人差し指と中指だけでキューを保持し、インパクトからフォロースルーにかけては薬指と小指でキューを保持しています。

実際にキューを投げてはいませんが、グリップの中で支点を移動させて投げるような感じでストロークしています。


ここまで説明した手首のスナップ、キューの握り込みをやってみるだけで間違いなくキュースピードは上がります。

キュースピードでお悩みの方は是非やってみてください。