読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

ライン出しとゾーン

ビギナーとC級 出し 知っておきたいこと
ライン出しとゾーンについてです。

f:id:over40kmph:20140405093136j:plain
こんな配置ですが、9番を入れやすい範囲を考えると
f:id:over40kmph:20140405093214j:plain
実線の三角形内くらいですよね。
この入れやすい範囲のことをゾーンと言います。

8番から9番への出しを考えましょう。
f:id:over40kmph:20140405093356j:plain
f:id:over40kmph:20140405093429j:plain
この二つを考えます。
どちらがゾーンを広く使えますか?=ゾーンを通る距離が長いのはどちらか?

前者の押しでワンクッションの方ですよね。
ゾーンを広く使える=力加減の許容範囲が広い

前者のようにゾーンを広く使って向かっていく、もしくは遠ざかっていくような出しをライン出しと言います。

次の的球へ厚めに出したいときに特に有効です。
けれども逆に厚く出したくないときはあまり良くなかったりします。
f:id:over40kmph:20140405094148j:plain
こんなときですね、8番が厚いと9番への出しが厳しくなります。
f:id:over40kmph:20140405094304j:plain
こんな風に出すのが良いと思います。

こんな配置ではどうでしょうか
f:id:over40kmph:20140405094637j:plain
次の的球がクッション際にあるときはきちんとゾーンを横切るようにクッションにいれると許容範囲が単純に2倍です。
片道の加減より往復の加減を考えた方が広いですよね。