読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

抜いてはいけない

練習配置
的球をはずすことを、抜くとか、と飛ばす、とか言います。

特に抜いてはならない球と言えば9番ですね、しっかり出せていれば良いのですが世の中そんなに都合よくないです。
ここでよくある出しミス配置のシュート練習をしましょう。


f:id:over40kmph:20140407034116j:plain
力加減で出そうとしてミスをしたときによく見かけますね。
C級くらいだとかなりシュートが難しく見えますが練習あるのみです。
どこまで薄くなっても平気か練習してみましょう。
手球が土手になるとさらに難易度が上がります。
しっかり撞いて手球を短クッションまで持っていきましょう。

f:id:over40kmph:20140407034401j:plain
これも力加減のミスでよく見かけます。
これもしっかり撞いて手球を短クッションまで持っていきましょう。

f:id:over40kmph:20140407034634j:plain
土手真っ直ぐです。上を弱く撞いてスクラッチしないように気をつけます。
少しだけクッションから浮いてるときはキューを立ててしっかり撞くことも大事です。

f:id:over40kmph:20140407034831j:plain
ちょっと遠いですがしっかり撞いて短クッションまで持っていきましょう。

当然ですが、左右のどちらからも練習しましょう。


なお、A級は当たり前に入れないといけないし致命的な出しミスでもありません。


C級くらいだとこれらの9番のシュートを練習するだけで目に見えて勝てるようになります。