読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

厚さと加減

ビギナーとC級 知っておきたいこと 出し
厚さと手球の走る距離を考えます。

f:id:over40kmph:20140407042325j:plain
こんな配置で同じ撞点、同じ力加減で撞いたときの手球の走る距離を考えてください。

f:id:over40kmph:20140407042434j:plain
こんな感じです、
厚ければ手球の走る距離は短く、薄ければ手球の走る距離は長くなります。

今度はこちらの図を見てください。
f:id:over40kmph:20140407042821j:plain
これも同じ撞点、同じ力加減で撞いています。
厚いと押し引きは利きやすく、薄いと押し引きは利きにくいです。

薄い方を見てもらえるとわかりますが、かなり90°分離のラインに近いラインで走っています。
薄い場合手球のスピードがほとんど落ちないことと、衝突によるコース変化が少ないため押し引きが利きにくいのです。

出しを考えるときに、次の球であまり走らせたくなければ厚め、走らせたければ薄めに出さないといけませんね。
f:id:over40kmph:20140407043815j:plain
こんな配置で7番から8番へ薄くなると9番への出しがめんどくさいですが、厚ければほとんど手球を動かす必要がありませんね。

f:id:over40kmph:20140407044257j:plain
逆に8番へ厚く出してしまうと9番に出すのが難しくなってしまうので薄めに出します。