読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

加減

すこし上達してくるとギュンギュンな押し球やら引き球やらがしたくなってきます。

けれども実戦でそんなに使う場面は多くないです。

キュー切れも必要ですが、それ以上にコントロールできることが大事です。

f:id:over40kmph:20140409201113j:plain
ロングな引き球ができるよりも、
f:id:over40kmph:20140409201137j:plain
細かいコントロールができることの方が大事です。

f:id:over40kmph:20140410074559j:plain
目標範囲内に収めるように引く練習。
対象SL4.5(〜)
初めのうちは目標範囲はボール5個分くらいで、慣れてきたらボール3個分くらいが良いでしょうね。
的球と手球の距離を長くしたり短くしたりすると色々難易度が変わります。
色んな力加減と撞点で練習しましょう。


f:id:over40kmph:20140409231316j:plain
早いうちから諦めてると後々大変ですので、引ける限界距離を伸ばすのも大事です。