読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

土手撞き練習

練習配置 入れ 出し
ポジションミスや貰い球でたびたび土手撞きすることがあります。

土手撞きが難しいのは左右の撞点のブレが通常のショットよりも大きく影響してくるためです。
キューレベルが高いとカーブが出やすく、ひねったらまずシュートミスするので撞点は上だけ。
できるだけキューを水平にして撞きましょう


みんな嫌いな土手撞きですが嫌い嫌いと言って避けていても上手くはならないので練習課題を載せていきます。


f:id:over40kmph:20140418005026j:plain
全SL対象。
手球は短クッションにタッチ。
図の1番ボールの間に返ってくれば合格、2番ボールの間に返ってくれば最高。

難しすぎると思ったら同じ配置を長クッションでやってみる。

土手撞きではないですが同じ撞きづらで球越しのショットの練習。
f:id:over40kmph:20140418005822j:plain
これも条件は一緒です。9番に当たれば最高ですね。


次は入れる練習です。
f:id:over40kmph:20140418010150j:plain
全SL対象。
3番と5番はコーナーとサイドのどちらを狙っても良い。
撞点は上のみ、ひねりは禁物。

これらの練習は見かけよりもかなり難しく、強めに撞くとなると一層難しくなります。

また、撞点の制限があるので出しをしっかりととれない場面も多いです。
そんなときは無茶せずに我慢して次の球を頑張って入れましょう。

土手撞きは難しいですが練習して損は無いです、頑張りましょう。