読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

定位置9番その四

2球取り切り 出し 知っておきたいこと 練習配置
厚め順振り
f:id:over40kmph:20140412021241j:plain
点線
引きでワンクッション、撞点下。
下撞点を抑えてワンクッション、引きを利かせてノークッションで出しても良い。
実線
押しツークッション、撞点上。
これもツークッション目をサイドポケットの近くに入れることが大事。


薄め順振り
f:id:over40kmph:20140412021453j:plain
点線
定番引きのバタバタツークッション、撞点下。
必須球、意外に順がいらない場面が多い。
実線
押し回しフォークッション、撞点上。
意外に走るので逆を撞く必要がなかったりする、厚みによっては当然必要。

厚め逆振り
f:id:over40kmph:20140412021754j:plain
点線
クッションに垂直に近く落としてひねりで走らせる、撞点順。
C級ぐらいだと難しいかも。
このようなクッションからひねりだけで走らせる球は有用性が高いので高スキルの人は必修。
実線
引きノークッション、撞点下。
なんの説明もいらないですが、引きが弱いと土手の方に流れるので注意。


薄め逆振り
f:id:over40kmph:20140412022128j:plain
これも定番ですね、厚みによって撞点が色々変わってきます。基本的には撞点は順下系です。