読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

クッションへの入射角

手球のクッションへの入り方を考えます。
  1. クッションに垂直に近く入射した場合。
  2. クッションに平行に近く入射した場合。
どちらもひねり加減は同じです。
f:id:over40kmph:20140411145645j:plain
垂直に近く入った場合ではひねりがしっかり利いてますが、平行に近く入った場合ではほとんどひねりは利いていません。

手球がクッションに対して垂直に近い角度で入射するほどひねりは利きやすい。

逆に手球がクッションに平行に近いラインで入射するとひねりの影響は少ない。

f:id:over40kmph:20140413125143j:plain
さて、こんな出しを考えてみましょう。
撞点はどこでしょうか?
上の撞点なのはわかりますね。

手球にはもらいひねりで右ひねりが乗ってます、クッションから手球は左に走るのでワンクッション目では右ひねりは勢いを殺します。

しかし押しのカーブが出てクッションに平行に近いラインで入射するので、このもらいひねりはほとんど影響しません。

さらにクッションからもらう左ひねりがあります。

これらの理由によって撞点は上だけです。逆を入れたりするとだいたい長くポジションミスをします。

理屈を理解し、実際に撞いて感覚でも理解しましょう。