読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

不安定が安定を生む

オープンブリッジ推奨派です。

初めのうちはストロークがぶれやすいからスタンダードブリッジを組みなさい。
なんてよく聞きます。

それはそれで構わないと思いますが、そのままビリヤード続けていつストロークぶれないような練習するの?
と思うわけです。

オープンブリッジの良いところはキューが手に乗っているだけなところです。
これは悪いところとも言い換えられますが、ストロークを良くしたいと考えるならあえてオープンで撞いてみるのが良いと思います。

スタンダードブリッジだと上下左右にぶれにくいです、なので反面ストロークの雑さが誤魔化されてしまいます。


早い段階でストロークをきれいにしたいと思うならオープンが良いですね。

オープンでしっかり撞くことが出来ればレールにキューを乗せて片手撞きとかも普通にできたりします、要らない技術ですがストロークがしっかりしてないと出来ないのでその確認にもなりますね。


真っ直ぐ振るのが永遠の課題であると思います、早い段階から真っ直ぐ振ることを意識して練習するといいですね。