読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

初歩的シュート練習3


初歩的シュート練習その3です。
ビギナーやC級はまず入れる楽しさを知って「入れたい」って気持ちに変えてくことが必要ですね。

さて、復習です。

シュート練習のポイント
  • 毎回立ち位置を決めて構えに入って撞く。その場で立ったまんまシュート練習しても意味が無い。
  • 少なくとも2回連続で同じ厚みの球を入れる。単発成功だけではなかなか厚みを覚えられない。
  • 基本的に同じ力加減、同じ撞点で撞く。推奨したいのはバンキング程度の強さで撞点は上、手球が転がっていくように撞く。
  • 慣れてきたら力加減と撞点を変えて練習。
これをおろそかにしてその場で立ったまんまシュート練習するのは無益なのでやめましょう。


撞点を変えると言っても上、真ん中、下とかのレベルで良いです。
はじめのうちから左右を撞くと色々よくわからなくなるのでやらないほうが良いでしょう。


今日の課題3つ

ミドルレンジ、やや振りの球
f:id:over40kmph:20140426232408j:plain
この類いの球はゲーム中でも非常によく見かけます。
色んな撞点で入れられる必要があります、まずは転がす上撞点で。
現時点では最終的に引きでコーナースクラッチを目指してみましょう。

ロング真っ直ぐ
f:id:over40kmph:20140426233011j:plain
入れるだけです。
慣れてきたら押しでスクラッチをさせたりしても良いでしょう。


サイドへのカット
f:id:over40kmph:20140426233137j:plain
これまでの初歩的シュート練習では1番薄いと思います。
薄いのでショットスピードがあまりに遅いと届かないので注意。
入れることだけに集中しましょう。


色んな球を撞いて難易度をなんとなく把握しましょう。