読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

2択

力加減の話です。
ぴったりの力加減が良いに越したことはないですが、毎度毎度ちょうど良い力加減で正確に出すことは難しいです。

今回は力加減の強弱の話です。


f:id:over40kmph:20140425035505j:plain
こんな配置に出くわしたときどうやって9番に出しますか?

f:id:over40kmph:20140425035520j:plain
こんな出しを選択するとします。
この場合はわりとちょうど良い加減ですね。

f:id:over40kmph:20140425035533j:plain
さて、先ほどよりも強かった場面です。
だいぶ強いですが、9番をサイドに入れるのは特に問題ないですね。

f:id:over40kmph:20140425035542j:plain
さて、だいぶ弱かったですね。
直接サイドに入れるのは不可能に近いです。

この配置においては強め>弱めであることがわかると思います。

f:id:over40kmph:20140425035658j:plain
余談ですが、僕はこんな風に出します。

次はこの配置です。
f:id:over40kmph:20140427225823j:plain
こんな風に出すときの強弱を考えましょう。

f:id:over40kmph:20140427225837j:plain
弱かったとき。
なんの問題もないですね、しいて言うなら8番がポケットに届かないほど弱いのはダメですね。

f:id:over40kmph:20140427225900j:plain
強かったとき、コーナーに入れれば問題ないですがわざわざ難しい遠目に出す必要も残り2球ならないですね。

この配置では弱め>強めです。


これらの配置のように、
出しを考えるとき、強めが正解なのか弱めが正解なのかを考えながら撞くことがちゃんと取り切れるのに必要です。