読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

自信

練習の仕方 練習配置 出し
こんな配置
f:id:over40kmph:20140408081116j:plain
上を撞くだけで出ます。
f:id:over40kmph:20140408081107j:plain
けれどもサイドスクラッチを恐れて右を切ってしまうと、
f:id:over40kmph:20140408081234j:plain
こんな遠い球になります。

基準を作ることが大事で、その基準ってのはひねらないノーのラインです。

色んな厚みで撞いてどんなラインを描くのか知ることで上達していきます。

たとえば今の配置だと、厚めに抜いた場合にはスクラッチしたりします。

f:id:over40kmph:20140408214435j:plain
この配置も基準を作るために大事な配置です。


ひねりの覚え始めによくあることですが、手球がギュンギュンに動くのが楽しくて無用なひねりを重ねてしまいます。

いつもひねっているとノーのラインが曖昧になってしまい、いざという場面でミスをしてしまいます。

ひねりを多用する人もたまには原点に立ち返ってノーで撞いてみると新たな発見もあって良いと思います。