読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

同じようなライン

少しだけ難しい話をします。
SL8以上は意識してほしいです。

f:id:over40kmph:20140411143505j:plain
こんな配置、実線の四角形のあたりにポジションしたいですね。
f:id:over40kmph:20140411143549j:plain
順下でツークッションが普通ですね。

f:id:over40kmph:20140411143739j:plain
ではこのライン上に邪魔球があったらどうしますか?

f:id:over40kmph:20140411143838j:plain
こうです。撞点はほぼ順だけです。
的球に当たったときに少しだけ前進回転が残るようにして多めのひねりで手前に戻してきます。

さて、大まかなラインは両者変わりません、大きな違いはワンクッション目へのラインですね。
引きのラインでは邪魔球に当たってしまうのでこれを躱すために前に出してからひねりでひっぱります。

ここで気をつけないといけないのが、前進回転が残っている分だけ手球はヘッド側に走ります、これに負けないようにひねりは多めにしなければなりません。

最初の順下のラインでは引き回転が残っているのでフット側に走ってきます、スクラッチしない程度にひっぱるためにほんの少しだけ順をいれます。

厚みと力加減によっては順はいらなかったりします。