読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

手首の使い方

グリップ ブレイク
簡単にキュースピードを上げたいなら手首を使うのが手っ取り早いことは以前記事にしました。

えー、プレイで手首を使うことに関しては度々議論になっているのを見かけますが、好きにしたらいいと思います。

趣味ですからね、楽しくやっていきましょう。

確かに手首を使うことによるブレはあると思います、けれどもそれを言ったら初心の頃は手首を使わないプレイでもブレブレだったので練習を重ねればなんとかなるのではないですかね?

まあこの話は置いておきましょう。

さて、手首の返し方についてです。
感覚としてはカバンを手首だけで前後にぶらつかせる感じが近いです。

カバンが後ろにいったときは人差し指の方に重さがかかり、前にいったときは小指の方に重さがかかりますね。

これと一緒でテイクバックで人差し指と中指に、インパクトにかけて薬指と小指にグリップの支点がシフトしていきます。

構えたときのグリップ
f:id:over40kmph:20140507204136j:plain
まず構えたときのグリップはこんな感じ、

テイクバックの頂点のグリップ
f:id:over40kmph:20140507204123j:plain
テイクバックの頂点ではこんな感じに、

フィニッシュのグリップ
f:id:over40kmph:20140507204108j:plain
フィニッシュではこんな感じになっています。

構えた時点ではグリップは指が水平に近くならんでいますがテイクバックからフィニッシュにかけて小指側が上・親指側が下になっています。

普段手首を使わない人がこれをやろうとするとなかなか難しいのでまずは親指と人差し指と中指を支点としてキューを握り、テイクバックの頂点で薬指と小指が離れて後ろから掌が見えるようにし、フィニッシュに向かってキューを軽く握るようにして振ってみると良いと思います。