読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

撞点

狙った撞点を撞くことが出来ているのでしょうか。
実際問題なかなか難しいものです。

構えてタップを手球に近付けたところを撞くことは上級者ならある程度はできますが、実際にタップが手球と接触する点は当然ながらシャフトの中心点ではないので狙いとの差異が生まれます。

また、タップのアール(タップの丸さの具合)にも次の図のように左右されます。

f:id:over40kmph:20140517141216j:plain
タップのアールがキツければシャフトの中心部に近い位置で手球と接触することができます。

けれどもタップは柔軟性があり、平面ではないので手球との接触は点ではなくある程度の広さをもった面で接触します。
f:id:over40kmph:20140516185132j:plain
さらにシャフトの細さにも影響されます。
基本的にタップの端で手球と接触するためシャフトが細ければそれだけ狙った撞点との差異が減ります。

普段使うキューのタップのアールは一定にして、タップのどこでインパクトをしているのか理解して撞くことが撞点を刻む上で大事です。