読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

穴振り

ポジションミスで真っ直ぐになってしまったときに穴振りってものをよく使います。

ポケットは大体球2個分くらいの大きさがあるのでこれを利用してポケットの右寄りや左寄りに入れて手球を動かすことを穴振りと言います。

f:id:over40kmph:20140520095914j:plain
一見どうしようもない配置ですが、穴振りを使ってポケットの左側に入れてやると
f:id:over40kmph:20140520095923j:plain
撞点右上で出せます。
どちらかと言うとひねり優先で出す配置ですね。

次は穴振りの難易度を考えます。

1.的球がポケットに近い
f:id:over40kmph:20140520095933j:plain
2.的球がポケットから遠い
f:id:over40kmph:20140520095943j:plain

ポケットから近ければ入れは簡単ですね、けれども少しの厚みのミスで手球の動きが大きく変わってしまいます。

ポケットから遠いと穴振りするのは少し難しいですが、入れば手球の動きを大きくミスしてしまうことは少ないです。

大事なのは普段からポケットの真ん中に入れることを意識することです。

ある程度撞けるようになると穴振りを使う場面は多くなってきます。
f:id:over40kmph:20140520100252j:plain
こんな真っ直ぐのとき、押しても引いてもスクラッチですが
f:id:over40kmph:20140520100301j:plain
左に入れて直引き
f:id:over40kmph:20140520100311j:plain
右に入れて切り返し


穴振りはできないと困りますが、穴振りに頼りすぎるとポケットが狭い台で球が入らないのでまずはポジションをしっかりするのが大事です。