読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

クッションからのセーフティ1

隠れた球が回ってきました。
f:id:over40kmph:20140530150252j:plain
さて、当てることは簡単ですね。
左の長クッションからコツンといけます。
テキトーに当てると甘く残るのでちょっと考えましょう。

f:id:over40kmph:20140530150302j:plain
定番空クッションです。
撞点は下でクッションに入った後も引き回転が残るように撞きます。
当然ですが、厚めに当たらないとストップしないので場合によってはひねって当てる必要があります。

重視するのは厚めに当てること、引きを残すこと、的球が走る距離を意識すること。
まあ、全部ですね。

この球ってなかなか活用できるもので次のような場面でも使えます。
f:id:over40kmph:20140530150313j:plain
これはちょっと右ひねらないと厚めに当てられないのでひねります。
こんなにキレイに決まると良いですが、ちょっと上手くいかなくても短短で残せるのであまり気にしなくても良いでしょう。

f:id:over40kmph:20140530150324j:plain
この配置だと厚めに当ててストップするとどうしても相手の番で先球が見えてしまいそうですね。

f:id:over40kmph:20140530150334j:plain
ちょっとだけ薄く当てて手前に引っ張ってくる。
手球重視のセーフティ。

今回の空クッションセーフティは定番中の定番です。
知らなかった人はちゃんと覚えるといざという場面で役立ちますよ。