読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

クッションに逆らわない

f:id:over40kmph:20140609181909j:plain
転がす加減と撞点で撞いたときのワンクッション目の位置が図のようであったとします。
そこから実線なら順ひねり、点線なら逆ひねりのコースです。

どちらがよいでしょうか?


f:id:over40kmph:20140609181918j:plain
ここでは順ひねりは手球の進もうとする方向なので手球のスピードが比較的死にやすいです。
また、自然な球の動きに逆らう形になるのでどうしてもひねりを多く入れないとクッションから思うように出てきません。

f:id:over40kmph:20140609181926j:plain
ひねりを減らして引きを入れても良いですが、引きの加減とひねりの加減の折り合いをつけないといけないので気にしなければならない部分が増えてきます。
サイドやコーナースクラッチもありますしね。

f:id:over40kmph:20140609182115j:plain
では引きのみで出すとします。
薄めの球に対して引きを効率良くかけるにはどうしてもキューを利かせた撞き方をしなければならないのでできれば避けたいですね。

また、加減によってはスクラッチも見えます。

これらのことからここでは逆ひねりで出す方がベターだと思います。
f:id:over40kmph:20140613205353j:plain
ツークッション目が入る位置さえ意識すれば気にするのはひねりの量だけで済むので大きな失敗はしなさそうですね。

順ひねりか逆ひねりかで悩んだら転がしたときの第一クッションへの入り方を考えて無理のない方のひねりを選びましょう。