読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

基本のひねり1

出し ポジションの基礎 ビギナーとC級 知っておきたいこと
ある程度上達してくるとひねりを当たり前のものとして使うようになってきます。

そこでこれからひねりを覚えようと考える人向けにひねりの効用と使い所、リメリット・デメリットの説明をしていきます。

ではまずひねりをどのような場面で使うかです。
f:id:over40kmph:20140709234634j:plain
まずはこの配置です。
f:id:over40kmph:20140709234708j:plain
引いてもしょうがないのはわかるでしょう(点線)
押しで出せそうな雰囲気はありますが手球にスピードが足りないので右下の方までは手球を運べなさそうです。
f:id:over40kmph:20140709234859j:plain
そこでひねりの登場です。
ここでは順ひねりで手球を走らせてやります。

先程の図のように押しだけで出そうとするとかなりのハードショットになりシュートミスしてしまったりしますが、ひねりを有効に使うことでショットスピードを抑えて手球を走らせることができます。



f:id:over40kmph:20140709233951j:plain
次はこんな配置です。

f:id:over40kmph:20140709233927j:plain
上を撞いたらスクラッチが見えますが、下を撞いたところでネキに近づけられそうにないですね。
こんだけ薄いと押しも引きも大して利きません。

f:id:over40kmph:20140709234109j:plain
そこでひねりの登場です。
点線は撞点逆(上)で切り返し、実線は撞点順下で順引き。

出しのコースを作るためにひねりを用いています。


ひねりを有効に用いることでショットスピードを抑えたり、押し引きだけでどうにもならない場面でポジションさせたりすることができます。


つづく。