読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

バタバタ3

今回で最後です。

まずは厚めからの押し引きでのバタバタの話をします。

f:id:over40kmph:20140713171721j:plain
順上で回すには厚すぎるので押し抜いてバタバタ。
スクラッチを避けるために厚みによって逆を入れる必要もあります、けれども不要な逆を入れるとポジションミスになるのでノーイングリッシュのラインはしっかり覚えておきましょう。

f:id:over40kmph:20140713171730j:plain
同じく押しで抜くバタバタ。
逆が必要かそうではないのか、クッションにどのように入射するかが見分ける基準です。

f:id:over40kmph:20140713171738j:plain
引きでバタバタ。
わりと難しいのであんまりやりたくはないですね、引きとひねりのバランスが大事です。

f:id:over40kmph:20140713171746j:plain
薄めから引きでバタバタ。
ワンクッションだと上手くいきそうになければ多く手球を走らせる。

最後にバタバタからのセーフティ一例を。
f:id:over40kmph:20140713171803j:plain
トラブルを割りつつバタバタで隠す。

f:id:over40kmph:20140713171810j:plain
的球をあまり動かさないで手球を長く走らせる。
右上コーナーへの入れを厳しくするためにちょっと逆をひねってもよいがスクラッチはしないように。


以上でバタバタの基本的な利用方法については終わりです。
バタバタを使わないマスなんてほぼ無いので苦手意識は無くしたいですね。