読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

切り返し2

つづきです。
より実践的な切り返しのライン紹介をします。

f:id:over40kmph:20140713173526j:plain
押しで切り返し。
撞点は逆上。
押しがしっかり乗っていないとツークッション目がより下の方に落ちる。

f:id:over40kmph:20140713173533j:plain
押しだけの切り返し。
撞点上のみ。
ワンクッション目でクッションに浅い角度で入ってしまいそうならば場合によっては少し順が必要。

f:id:over40kmph:20140713173543j:plain
ぱっと見でテキトーに逆を入れてしまうと実線のようなラインになりネキが薄くなる。
いつでも逆を切ればよいってもんじゃありません。

f:id:over40kmph:20140713173823j:plain
押しを多めで切り返し。
撞点逆上。
ひねりすぎると左下コーナー付近に落ちてしまってポジションミスに繋がる。

f:id:over40kmph:20140724082420j:plain
スピードを抑えて切り返し。
撞点逆のみor逆とちょい下、ひねり重視で走らせる。
手球のスピードを抑えてひねりで走らせる感じ。
サイドスクラッチを避けるために加減はやや弱めが正解。
ひねりすぎても危ないのでここら辺は練習で勘をつかんでください。

つづく。