読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

スムーズにキューを出す

ストローク ビギナーとC級 練習の仕方
しっかり撞けることが上手くなる第一歩です。

ここではしっかり撞くということを定義していきます。


たまに見かけるのですが、手球を捉える前に減速してしまうストロークの人がいます。

インパクトのタイミングが云々とか言ってもわからないので、基本的にはフィニッシュの位置にキューをスムーズに出すだけです。
f:id:over40kmph:20140625210642j:plain
球2つ分はキューを出す。
この図だと架空の10番にキューが届くようにキューを出すだけ、と言うことです。

f:id:over40kmph:20140625211040j:plain
以前こんな配置で二度撞きしようと言う話をしました。

参照

これはキューを滑らかに出す練習です。


インパクトの前に減速してしまうのはよくありません。
滑らかに二度撞きできればちゃんとしたキュー出しができているはずです。

押しや引きの切れを追い求めるなら撞き方にも気を配らないといけません。

この二度撞きをするようなキュー出しでいつも撞ければ良いでしょう。


押し引きが切れないのはキューが出てないからだ!
と言う人がいますがほぼ完全に嘘です。

減速しない滑らかなストロークができていればフォロースルーはそんなに長くとる必要はありません。

キュー出しが長ければキューが切れるなんてなんの根拠もありませんからね。

この2度撞きができるなら、自然にキューを出せています。
有耶無耶なインパクトのタイミングというものをなんとなく理解できるようになるので、短いキュー出しでもキレが出せるようになるでしょう。