読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

メカニカルブリッジ

知っておきたいこと
僕は全くと言っていい程使わないのでアレですが、一応メカニカルブリッジについても触れましょう。

個人的なオススメなのですが、メカニカルブリッジを使う際には先に撞点を合わせた方が良いと思います。


これがどういうことかというと

メカニカルブリッジから合わせる場合
1.メカニカルブリッジを置く
f:id:over40kmph:20140816162625j:plain
2.キューを乗せて手球にキュー先を近付ける。
f:id:over40kmph:20140816162640j:plain
一般的にはこんな風に使うことが多いですね。


撞点から合わせる場合
1.キュー先を手球に合わせる
f:id:over40kmph:20140816163010j:plain
2.キューの下にメカニカルブリッジを滑り込ませる
f:id:over40kmph:20140816163026j:plain


何故このような使い方を勧めるかというと、前者ではどうしてもキュー先が手球から遠くなりすぎるためです。

メカニカルブリッジを使うとどうしてもキュー先が下を向きがちなために下を撞くときにミスジャンプしがちです。

これを避けるためにキュー先を近付けて撞点を合わせてからストロークすることで、ある程度撞点は正確になるでしょう。


また、当然の話ですがブリッジヘッド(メカニカルブリッジの先っちょ)が手球に近いとキューレベルはつきやすくなってしまいます。

撞く球種によってブリッジヘッドと手球の距離を考えたり、ブリッジヘッドのどの部分を使うべきか考えてプレイするとよいでしょう。