読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

ジャンプ1

ジャンプ 知っておきたいこと
JPAがメインの人にはあまり縁がないですが、ジャンプショットの話をします。

言わずもがなでしょうが、手球の限界を越えた下を撞いて掬い上げるようなジャンプはファールです。

ただし故意である場合です。
引き球をしようとしてミスジャンプしてしまった場合はファールではありません。

それでは何故手球をジャンプさせられるのかというのはトビが関係してきます。

手球を適当に置いてそのすぐ後ろに1円玉を置き、上をある程度強く撞いてみましょう。

1円玉は全く動かないはずです。

上を撞いたことによって下方向へのトビが発生します。けれども下方向への力は台によって行き場がないため反発されて結果として手球は跳ねます。

つまりこれを極端にしたものがジャンプショットです。
上から手球を撞き降ろせばジャンプさせられます。

よく「身長が足りないからジャンプができない」なんてことを耳にしますが、ジャンプのフォーム作りができていないことが大きな原因です。

多くのジャンプを苦手とする人はキュー尻を上げようとして爪先立ちになったりします。


だいたい共通してみられることは肩のラインが床と水平になっていることです。

キュー尻を上げるために利き腕を上に上げる必要があります、このために大事なのが利き腕と逆の方の肩を落とすことです。

f:id:over40kmph:20140817125124j:plain
僕の場合は左肩を落とすことですね。



これだけです、ブリッジ側の腕が落ちることで自然とブリッジ側の肘を曲げてフォームを作ることになると思います。

  • ブリッジ側の肩をブリッジに近づけるように落とす。
  • 利き腕側の肩が自然と上がるのでそれに合わせてフォームを作る。
このようにしても高さが稼げなければ利き腕の肘を支点としてグリップを持ち上げることで大体が解決するはずです。


つづく、