読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

穴前の球4

2球取り切り 知っておきたいこと 出し
今回も穴前2球取り切りやってきます。
穴前だからできること、穴前だからできないことを知るとステップアップできる…かもしれませんね。


f:id:over40kmph:20140823165556j:plain
今回はコレ、フリーボールから考えていきましょう。




1.順上ツークッション
f:id:over40kmph:20140823165652j:plain
なんの説明もないですね。
少し薄めからひねりだけで走らせる。

2.順下スリークッション
f:id:over40kmph:20140823165701j:plain
あえてフリーボールからやることもないでしょう、
けれどもライン出しではありますね。

同じようなラインを撞点上でも再現できます。
f:id:over40kmph:20140823170133j:plain
ここでは特に撞点とかは触れません、やってみてください。

3.芯でツークッション
f:id:over40kmph:20140823165710j:plain
穴前苦手な人が詰むパターンです。
特にひねることもないですがショートが怖ければ順を入れても良いでしょう。

B級上あたりだと成功率が低かったりやらなかったりします。
穴前=薄めに入れる 
なんてのはいつでもそうなわけではありませんよ。

難しくないじゃん、とか思ったB級の方々は是非やってみてください。
簡単だと思っても意外とできないもんです。

4.順上ツークッション
f:id:over40kmph:20140823165729j:plain
これも何でもないですね、
説明もクソもないですが厚めに入ると事故ったりします。

5.薄めから縦バタ
f:id:over40kmph:20140823165742j:plain
フリーボールからやることじゃないですね。
下の短の狙ったところに落とせるかの確認にもなります。
下手に順入れるとツーで右の長に入ってしまったりするので注意。

6.S字回し
f:id:over40kmph:20140823165749j:plain
フリーからやることではないです。
THE リカバリ ですね。
スリークッション目を意識すればさほどヤバイミスはしないでしょう。