読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

トラブル処理5

考え方 出し
トラブル処理です。

今まで通りに
  1. トラブル箇所の発見
  2. 処理の方法
を考えてください。

f:id:over40kmph:20140824132053j:plain
今回はこんな配置です。





ぱっと見で5.6番がうざったいのでどうにかしましょう。
f:id:over40kmph:20140824132059j:plain
とりあえず3まで出してみる。

f:id:over40kmph:20140824132110j:plain
①バンクで5番を入れる。
わかりやすい案ですね。
ストップショットでバンクが入る位置に出れば最高ですが、少しでも長く出てしまうとキスしたり色々な事故が起こりそうなので短め(6番に当たる振り)に出します。

f:id:over40kmph:20140824132120j:plain
バンクして、6番があまり動かないように当てます。
6番が下の短までいってしまうと困るので注意。


f:id:over40kmph:20140824132633j:plain
②左上に入れるようにポジションする。
こんだけピンポイントで出せれば良いですがそう思い通りにはいかないもんです。
薄くなると入れも出しも厳しく、バンクに方針を変えるのも難しいでしょう。


f:id:over40kmph:20140824132656j:plain
③当ててみる
こんなに都合良く当たれば良いですが、上に当たるとサイドスクラッチがあったりしてやりたくないです。

f:id:over40kmph:20140824132704j:plain
6に薄めに当たると結局バンクになったりしますね。


今回はバンクから当て出しをするのが良いのではないかと思います。