読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

dead straight

練習配置 ストローク
僕にビリヤードを教えてくれた人(通称ソムリエ)は徹底的にフォーム・ストロークを叩き込んでくれました。

真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出す。

ブリッジってスタンダードかオープンかに大別できますね。
それぞれ利点やら欠点やらありますが今は置いておきましょう。

僕はほぼ全ての球をオープンでこなしてます。
理由は色々あるのですが、1番大きい理由
ストロークに誤魔化しがきかないからです。

変な癖がついたストロークをしていると直すのにかなり苦労します。
早い段階からストロークの基本をしっかり固めた方がいいです。

f:id:over40kmph:20140405045126j:plain
そこでこんな配置をやってみましょう。
レールの上でオープンで撞く。
シュート自体がかなり難しいですがゆっくり引いてゆっくり出して入れましょう。
難易度を上げて次は入れラッチさせましょう。

間違いなくストロークは良くなります。
撞点の正確さも伴ってきます。

あまりにも入らなくて精神修行のようになりますが、こんなことも上達の近道です。

余談ですがド真っ直ぐをdead straightなんて言います。
dead strokeはEarl Stricklandです。