読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

ブレイクオカルト

ブレイク 主観
蹴り足をつけることで威力があがる。
気のせいです。ブレイクのモーションの結果として足が上がったりしますがこれによる威力上昇はありません。
目立ちたかったらやってもいいですがどこかに足をぶつけて痛い思いをするのが関の山です。

体重があるほうが強いブレイクができる。
半分気のせいです。普通にブレイクしたときと足にに重りを付けてブレイクしたときとでスピードは変わらないことは想像つくでしょう。
半分というのは、手球のスピードに影響するのは肩から先の重さだからです。
肩から先に重りをつければ多少は変わります。ただしそれによるキュースピードの変化がない場合です。


こんなことよりもブリッジをしっかり組みましょう。
ゆるゆるのブリッジとキツく締めたブリッジとでキュースピードの変化はほぼありません。
ブリッジがゆるいと撞点がブレたりして良い結果はもたらしません。
ブリッジ命です。

ハードブレイクを志すならば撞点と厚みを犠牲にして気持ち良くキューを振りましょう。
満足のいくスピードに達してから厚みと撞点を合わせていきましょう。
ここでも結果から逆算して厚みと撞点を外すことを見越して構えるのも良いでしょう。