読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

クッションを使う

今回の記事ですが、B級くらいの人は気にするとステップアップできるかもしれません。

さて、まずはこの配置です。
f:id:over40kmph:20140511235333j:plain
わりとなんでもない配置ですが、なんとなく取り切るのではなくしっかり考えていきましょう。

f:id:over40kmph:20140511235344j:plain
基本的にこの配置は順引きで出します、ここで大事なのがツークッション目を入れるかどうかです。
ワンクッションなのかツークッションなのか明確にしましょう。

厚めに出せればなんでもいいや、などと思ってしまうと思わぬ事故に繋がります。
f:id:over40kmph:20140511235352j:plain
例えばこんなのです、他には全厚になっても困りますね。


毎回ツークッション目を入れた方が良いとかそういう話ではありません。
当然ですが、厚みやコンディションによって選択を柔軟に変えましょう。

次はこんな配置です。
f:id:over40kmph:20140511235631j:plain
かなりキューを利かせた引きでないとひたすら土手に近づくくらいの振りだと思ってください。

f:id:over40kmph:20140511235639j:plain
なんとなく引けばいいやとか思うと点線で9番が土手になってしまいます。
また、引きの加減によってはサイドで角に当たってヘッド側に手球が流れたり、最悪スクラッチしてしまいます。

そこで実線のようにワンクッション入れてからひねりで下まで引っ張ってきましょう。
撞点は芯下+順です。
どうしても叩くような撞き方になりがちなので気をつけましょう。


特に9番を土手撞きにはしたくありませんので9番への出しは土手にならないように気を使いましょう。