読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

顔の位置

なぜだか調子が悪いときは誰しもあります。
グリップ、ストローク、スタンスなどなど様々な要因で簡単に球は入らなくなります。

ここでは特に顔の位置を取り上げていきます。

以前にも取り上げましたが、真っ直ぐ見える位置を探してそこで構えることが大事です。

f:id:over40kmph:20140602184339j:plain
こんな風に真っ直ぐの配置を作ってそのライン上にキューを置きます。
そうしたら、構えずに手を後ろに組んで膝だけを曲げて普段構える高さまで頭の位置を落として真っ直ぐ見える位置を探します。

f:id:over40kmph:20140602184640j:plain
こんな感じです。
この場合だと顔は正対していて、変に傾いたり覗き込んだりしてなく、キューも顎のほぼ真下にきてるので良いですね。

f:id:over40kmph:20140602184700j:plain
けれどもいざキューを持って構えると先ほどの真っ直ぐ見える位置から離れたところで構えてしまっています。
これはよろしくないので直しましょう。


f:id:over40kmph:20140602183453j:plain
例えばこんな風にキューが顎の真下にあるときに真っ直ぐ見える人がいたとします。


f:id:over40kmph:20140602183502j:plain
けれども構えてこんな風にキューの位置が真っ直ぐ見える位置から離れていると真っ直ぐ見えません。

f:id:over40kmph:20140602183510j:plain
このようにキューが顎の真下にあるけれども覗き込むように構えてしまっているのも良くありません。

f:id:over40kmph:20140602183518j:plain
また、キューが顎の真下にあっても顔が傾いてしまっているのも球が入らない原因です。

必ずしも真っ直ぐ見える顔の位置で構える必要はありませんが、それは色々と突き詰めた上級者の話です。

B級やそこらのレベルで変な勘違いはせずに顔の位置をもう一度見直してください。

また、なかなかC級を抜けられない人はここに問題があることが多いので誰かに協力してもらったり鏡のある店で練習するのも良いでしょう。