読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

バンクその一

バンクショットのことでも説明しましょうか。
個人的にあんまりシステムが好きじゃない&よくわからん&計算めんどくさい&信用してないのでシステムの話はしません。

f:id:over40kmph:20140412153949j:plain
この配置図、
1番は真っ直ぐ撞けば入るようにしてあります。
2番と3番はそれぞれ振りをつけてあります。

1番に関してはとりあえず説明は無しです。

では2番を考えましょう。
この2番、だいたい短めに外します。
短めに外すと言うとサイドポケットの下側に外すということですね。

この理由に的球のもらいひねりが関係してきます。

前にもらいひねりについて書きました、そのときは手球のもらいひねりを説明しましたね。
手球にもらいひねりがあれば当然的球にももらいひねりがあります。
f:id:over40kmph:20140412164022j:plain

この2番の場合、的球には左の回転がかかります。つまり右ひねりが乗っているということですね。

したがってクッションから右ひねりの効果で縮むので短く外してしまうのです。

なのでここでは少し長めに狙えばポケットできます。


では3番です。
同じように考えるとこれは的球に左回転が乗ります、つまり右ひねりですね。
なのでクッションから長めに出るので3番をポケットするには短めに狙いましょう。

なお、このような手球が的球のラインを横切るようなバンクを腹切りバンクとか言います。

f:id:over40kmph:20140412221144j:plain
まとめ
1番(全厚バンク)
普通に狙えばよし。

2番(手球が的球と逆の方向に走るバンク)
少し長めに狙う。

3番(腹切りバンク)
少し短めに狙う。