読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

ストップショット

練習配置 出し
ストップショットは基本の基本ですが、ちゃんとできていますか?

A級として2年近くやっていますが未だに難しいなと僕は思っています。

ストップショットというよりも振りがある球に無回転で当てるのが難しいです。

無回転で当てることができるだけで出しのバリエーションも増えたりしますがそれに関してはそのうち記事にします。

さて、ストップショットの練習課題です。
f:id:over40kmph:20140424220759j:plain
それぞれの的球にストップショットして左上コーナーに入れるだけです。
対象SL3〜。
はじめは自分が撞きやすい力加減で結構です。
慣れてきたら1番弱い力加減から1番強い力加減まで幅を持たせて練習しましょう。

ここで言う力加減は問題なく使える範囲の力加減のことです。
身体が動いてしまうような強い加減なんかは使い物にならないのでやりません。


さて、無回転という部分に焦点を当てましょう。
90°分離させるだけですが、正確にショットするのはなかなか難しいものです。

f:id:over40kmph:20140424221340j:plain
10番に手球を当てる練習。
対象SL5〜。
それぞれの手球位置からサイドへシュートして10番に当てます。
はじめは撞きやすい力加減でやって、これも慣れてきたら色々な力加減でやりましょう。

意外と難しいです。
レベルが高くないうちは目標範囲に余裕を持たせて当てる的球の数を増やしても良いですね。