読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

切り返し1

バタバタと双璧を成す切り返しの話です。

f:id:over40kmph:20140713172641j:plain
切り返しはどんなものかというとこんなのです。
一般的には逆を入れて無理なく手球を走らせることが多いです。
多くの場合は撞点は逆上ですが、逆がいらなかったり真横とか下を撞くこともあります。

f:id:over40kmph:20140713172650j:plain
クッションから離れてもおんなじ、撞点は逆上。

f:id:over40kmph:20140713172916j:plain
この場合は切り返し(点線)かバタバタ(実線)のどちらを選ぶかは好みの部分が多いですが次の場合はどうでしょう?

f:id:over40kmph:20140713172930j:plain
手球が遠くなったとき。
ほとんどの人が切り返しを選ぶはずです。
ロングの引き系統の球はできるだけ避けたいですし、サイドスクラッチが危なかったり近くにポジションできなかったりと色々なリスクがあるためです。

f:id:over40kmph:20140714144552j:plain
なお、タッチした的球には逆を入れた切り返しの方がバタバタよりも易しいです。
手球のスピードを落とすことができ、安定したラインに乗せやすいためです。

逆にタッチ球に対して順下撞点はあまりやりたくないのですが、これに関してはまた別の記事で。

つづく。