読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

ブレイクのブリッジ終

ブレイク ブリッジ
これでブレイクのブリッジに関する記事はとりあえず終わりです。

次の二つのブリッジを見てください。

A.
f:id:over40kmph:20140430234701j:plain
B.
f:id:over40kmph:20140430234711j:plain

違いは一目瞭然ですね。
ブリッジを組む位置がレールの縁から近いか遠いかです。

この二つに関しては一長一短なんてことはありません。
Aが良くてBが良くないです。

ハードに撞かないならあまり関係ないですが、ハードに撞くとなるとAにした方が良いでしょう。

理由として、AとBとを比較するとBでは100%撞点が上になりすぎます。

特に水平に振り抜くことを意識するとそうですね。

当然前提としてブリッジが動かないということがあります。

Aはある程度撞点の自由がききますが、Bでは上しか撞くことができないため全くききません。

あまりスピードも出ていないのに場外することが多い人にBのブリッジが多いです。

ブレイクのレールブリッジはできるだけレールの縁に近くして組む。