読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

押し殺し

初心の頃によくあるミスで押し殺しというものがあります。

f:id:over40kmph:20140527155017j:plain
こんな配置でワンクッションで出すのと同じように、
f:id:over40kmph:20140527155048j:plain
こんな配置でこんなラインで出そうとします。

厚めから入れてしまうと難しいです。

f:id:over40kmph:20140612155411j:plain
出すとしたらこうでしょうね。

f:id:over40kmph:20140527155111j:plain
強めに撞いてしまうとこのようなラインを描きます。


どうしてなのかは手球の並進スピードと回転量の問題になってきます。

結論から言うと次の条件を満たしたときに押し殺しが起きます。
  • 的球がクッションから近い
  • 押し回転が多い。
  • 手球のスピードが速い。
  • 的球に厚く当たる。
f:id:over40kmph:20140612154534j:plain
これまたいい加減な図ですね、正確に描こうとすると非常に見にくくなるのでご容赦を。
ハードに押しをかけて的球に厚めに当てると点線のようには動かずに実線のように1度クッションに入ってからカーブしながら再び同じクッション方向へと走ります。

手球がクッションから跳ね返されても強烈な前進回転が残っているためにこんなことが起きます。

並進スピードが非常に小さく、前進回転が多いことが押し殺しの条件です。

f:id:over40kmph:20140528124759j:plain
こんな失敗も誰もがしたことがあると思います。

f:id:over40kmph:20140528124808j:plain
こんなラインを描きたいならば手球のスピードを抑えてしっかりと押し回転を乗せないといけませんね。


f:id:over40kmph:20140527174633j:plain
押し殺しのもう一歩先に押し抜きというものがあります。
上の図なんかだと撞点は上だけです。
クッションへの入射の仕方を考えないとなかなか難しいですよ。