ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

厚めからのリカバー

今回は定番のリカバーの話をします。
リカバーというとポジションミスしたときにどうやって立て直すかですね。

f:id:over40kmph:20140716151934j:plain
よく見かけるTHE定番のバタバタですね。
このくらいの振りが入れも出しも不安がなくてちょうどいいですが、厚くなりすぎた場合。

f:id:over40kmph:20140716151821j:plain
こんな感じです。
点線のようにバシッと撞くとポケットに嫌われそうで嫌ですね。

シュートミスを避けるためにここは実線のように切り返してやります。
撞点は逆上。

f:id:over40kmph:20140716152245j:plain
ネキがこれくらいの位置だとテキトーに逆上で切り返して問題ないですが、
f:id:over40kmph:20140716152252j:plain
これくらいの位置になるとちょっと撞点を意識しないとミスします。
ツークッション目で開きすぎないように押し重視のひねり抑え目で切り返します。

f:id:over40kmph:20140716152051j:plain
順振り厚めになったなら、
基本は点線のように順上で出します。
弱いとカットが残りがちなので強め正解、
ツークッション目を上の長にしっかり落とせると良し。

実線のようにアホな引き球をしてもいいですが、特にやる必要はありませんね。
押しのコース上に邪魔球があるならこれも有りっちゃあ有りでしょう。

f:id:over40kmph:20140716151829j:plain
引きひっかけです。
こんな出しは必要な場面はほとんどありませんが知っているといつかどこかで役に立つかもしれません。
撞点は右下です、的球に対して順下ですね。


f:id:over40kmph:20140716152417j:plain
的球の位置が変わってくると逆上で切り返すよりも順下で引っ張った方が良い場面もあります。

f:id:over40kmph:20140717232343j:plain
完全に真っ直ぐならば腹切りバンクを狙ってもいいですが、それならストップショットから9番をバンク狙いでもいいんじゃないですかね?

状況次第ですね。
攻め攻めムードならストップからバンクでもいいですし、お葬式ムードならアンドセーフ気味で腹切バンクでもいいでしょう。


広告を非表示にする