読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

リスクヘッジ

取り切りをする際に大事なのはリスクがある選択をしないということです。

f:id:over40kmph:20140411164206j:plain
この配置で四角形のゾーンに出したいとします。
8番をサイドにシュートするとして、

f:id:over40kmph:20140411164308j:plain
押しますか?
f:id:over40kmph:20140411164320j:plain
引きますか?

当然押しで出します。
押しは転がす距離の調節が力加減だけで調節できますし、キュースピードを上げる必要もありません。
けれども引きは力加減・撞点・撞き方などに大きく左右されてしまい、さらにはキュースピードもある程度上げないといけません。

実際にやってみてください、
引きでのコントロールは押しよりも難しいです。

f:id:over40kmph:20140411164938j:plain
こんな配置がフリーボールで回ってきたときに
f:id:over40kmph:20140411165006j:plain
引くよりも、
f:id:over40kmph:20140411165019j:plain
押した方が簡単です。

キュースピードを上げる必要がない選択肢が良いです。

B級C級あたりによく見かけがちなのが、フリーボールから無益な引きを選択する場面が多いです。

無理のない選択を。