ハードブレイクとビリヤードと

ビリヤードの基礎知識から練習方法、あとハードブレイクの方法なんかを書いてきます。私個人の考えを多く含んでいますので意見があれば是非ください。オカルト理論であふれているビリヤードの世界を改善していきたいです。

ブレイクのブリッジ3

長々とブリッジの話が続いています。

前回の画像をもう一度

左サイドブリッジ
f:id:over40kmph:20140430234159j:plain

まず取り上げたいのは左サイドでのブリッジです。

右利きの人は左サイドからのブレイクではレールをつかむことができます。

このレールをつかむということは非常に有用性があるのでみんなやったらいいのになー、なんて思っています。

レールをつかむことによる良いところはブレイク後にブリッジが外れることを防止してくれるところです。

つかんでいないブリッジとしてこんなブリッジもあります。
f:id:over40kmph:20140430234331j:plain
利点があるならちゃんと使いたいですね。

極論、フォロースルーはブレイクの威力云々に直接関係はしてきませんがブリッジを残すことを意識することでインパクトまでにブリッジが抜けて撞点を外しまくることが減ります。
=異常な押しや引き、ひねり、場外を減らすことができます。


それではつかみ方はどうでしょうか?

こんな人をよく見かけます。

f:id:over40kmph:20140430234248j:plain

これ、悪くはないと思いますが左方向へのブレが出やすいです。

小指をラシャに落としてみた方が良いと思います。
f:id:over40kmph:20140430234403j:plain

えー、書き始めは2つの記事ぐらいで終わるはずだったのですがまだ続きます。
広告を非表示にする